緊急!!新型コロナ禍支援募金のお願い

新型コロナ禍により困窮する人々に支援の手を

支援金
一口3,000円(何口でも)

支援場所
国外 インド・チベット難民居留地、タイ・バンコクのスラム地域
国内 熊本、大阪、東京の子供食堂、フードバンク、留学生

支援品
国外 医薬品、コロナ感染防止用品(医療従事者中心)
国内 お米、レトルトなどの食品類、生活用品

 

 コロナ禍は緊急事態宣言が緩和されたとは言え、まだまだ予断を許しません。
 さて、このような災難時に最も苦難を強いられるのは、貧困者、子ども、障がい者、マイノリティーといった社会的弱者と呼ばれる人達です。
 れんげ国際ボランティア会ではこのたびのコロナ禍にあたり、このような社会的弱者に対して国内・国外を問わず、支援の手を差し伸べてまいりたいと考えています(すでに一部では始めています)。
 海外においては貧困地域ほど感染が広がりやすい傾向があります。それは感染防止のための情報や物資(マスク、せっけん、消毒液など)に乏しく、もともと上下水道の不備などで公衆衛生上の問題も多く抱えているからです。さらには感染者に必要な医療体制も脆弱です。
 インドにおけるチベット難民居留地もその一つです。このチベット難民に対しては、医療従事者への感染防止のグッズや、感染者への医薬品の提供を考えています(現地購入予定)。
 日本国内においては行政や民間のフードバンク、福祉団体を通じて子供や高齢者の支援、さらに国際交流協会、NGO、各種民間交流団体を通じて、海外からの留学生や海外技能実習生に対する資金援助、物資支援のほか、必要とあれば緊急避難的住居の提供も考えています。
 国難とも言うべきこの時節に社会福祉の制度からこぼれ落ちた、真に救援の手が必要な方々に各種の支援活動を行ってまいりたいと考えています。感染拡大防止は言うに及ばず、その後も長く続くと思われる後遺症的災いや困窮に関しても何らかの支援の手を差し伸べたいと考えております。
 皆様のご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 ご支援はこちらよりお願いいたします。

インドに関する調査報告書

インド・チベット人居留地に対するの公衆衛生支援に関する調査を行いました。報告書をご覧いただけます。

インド・チベット人居留地に対するの公衆衛生支援に関する調査を行いました。
報告書は以下より、ご覧いただけます。

ミャンマ-に13校の学校を建設しました

 今年度(2017年6月~2018年5月)はミャンマ-・イラワジ管区(州)で、7つのタウンシップ(郡区)に13校の学校を建設しました。これでトータルでは71校となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
落成した学校

落成式を待つ村人たち
落成式を待つ村人たち

生徒たちのお祝いの踊り
生徒たちのお祝いの踊り

記念写真180903
記念写真(中央は当会平野所長)

正力松太郎賞を受賞

●このたび、第41回正力松太郎賞を受賞致しました。

 

この賞は常日ごろから青少幼年の育成活動に尽力し、社会の情操教育振興に努力している個人・団体を顕彰するために贈られものです。

 

去る6月1日、東京グランドホテルに於いて授賞式並びに祝賀会が開催されました。

当会は長年にわたって海外、国内に於いて各種の青少幼年のための支援事業を行ってまいりました。表彰式ではその活動の報告プレゼンが行われ、現場のニーズに沿った各種活動に対して、改めて高い評価を頂きました。

 

~正力松太郎賞~

この賞は社会における青少年の心の荒廃を憂い、情操を高めたいとの願いから、そのことに努力された故・正力松太郎読売新聞社主の功績を称えて名前を冠し、仏教精神によって青少幼年の育成に尽力している個人・団体を表彰するために設けられた賞です。

1977(昭和52)年から公益財団法人全国青少年教化協議会の主催によって毎年表彰が行われており、今年度で41回を数えます。

主催者より表彰状を授与される当会川原会長(右)

 

 

 

1、主催者より表彰状を授与される当会川原会長(右)

 

長年、会を支えてくれた皆様と受賞の喜びを分かち合いました

 

 

 

2、長年、会を支えてくれた皆様と受賞の喜びを分かち合いました

 

 

 

れんげ国際ボランティア会の40年の支援の歴史が全て分かる

(認定NPO法人)れんげ国際ボランティア会では、アジアの子供たちの未来を拓いていくためこれまで様々な活動を行っております。

 

具体的にどのようなことを行っているか、活動の記録を掲載致します。

 

リンク先のクリックをよろしくお願いします。⇒れんげ国際ボランティア会活動報告書 前半

れんげ国際ボランティア会活動報告書 後半

●変貌するヤンゴン

ヤンゴン
写真①

皆さんは①の写真を見てここがどこかお分かりでしょうか?私はミャンマーに来てもうじき1年が経過しますが、昨日初めて「Junction Square(ジャンクション・スクエアー)」というシriョッピングモールを訪れました。立体駐車場に車を止め、そのまま2階の喫茶フロアに入りますと、一瞬ここは本当にヤンゴンなのかと信じられない思いに駆られました。

中にいる人々は赤毛や茶髪、ネイルアートにミニスカートや腰パンのジーンズをはいて、殆どロンジー(巻きスカート風の民族衣装)を着ている人を見かけません。さすがに日本人には見えませんが、タイ人と言っても分かりません。また、街中なら300チャット(約30円)で食べられるアイスクリームが、店で食べるというだけで1,500チャット(約150円)にもなっています。この店に行くことがヤンゴンの若者達のファッションになっているようです。

昨年11月にも同じような体験をしました。タイの田舎町メーソットにある郊外型大型ショッピングモール「Tesco Lotus(テスコ・ロータス)」に入った時、全く大都会バンコクに居るのではないかという錯覚に陥りました。いたる所で文化破壊が起こり、世界中どこに行っても同じような品揃えと陳列、ファストフード店が立ち並びます。その姿に伝統は消え、多様性を失い、近代化の波に呑み込まれていく人類の行く末に不安を覚えずにはいられません。