活動内容

ミャンマーでの活動内容

「穏やかで真面目で控えめ」そんな風に評されることの多いミャンマーの国民性は、一方で、自らの頭で考え、行動するのが苦手という側面もあります。

子どもたちに、そしてミャンマーに「頭で考え、行動する力」を植え付けるために、私たちはこれまで8年間活動してまいりました。

ミャンマーでは慢性的な学校不足が問題となっています。校舎を建設しても、生徒数が増えて、また別の校舎が必要になるという状況が続いています。プロジェクトを開始した2013年当時で、ミャンマー全土で年間150から200の学校が建設され、2018年頃には年間400から500のペースで建てられていました。それでもまだ、学校の数は足りていません。

また、ミャンマーの教育問題は、学校の数が充足するだけでは解決できません。根本的な問題は学校教育の中身にあります。学校教育の質を向上するためには、教員も「自分で考える教育方法」を学び直す必要があります。ミャンマーに必要なのは「自立」であると考え、イラワジ管区で学校建設をきっかけに地域の自立を促すための支援をARTICはしています。

Milestone Movement in Myanmar

ARTICでは、ミャンマーの人々が自助・自立できるよう、学校を建てるだけでなく、人を育てることを目標としています。

Milestone Movement in Myanmar (=MMM)は普通の開発のプロジェクトとは異なり、3つのプロセスにより、人々の自立を促します。

 

①学校建設

村人たちは学校建設費の1/4を負担し、学校建設プロジェクトに参加します。支援依存を避け、村人たちのオーナーシップを高めます。

②農村開発

学校建設の為に村人が集めた資金を元手に、学校を拠点に収益向上プロジェクトを開始。村人が村人のために行うプロジェクトです。

③自立

村でお金を集めて、村人主導のプロジェクトです。収益をあげ、道路舗装などをし、村人が支援に頼らなくてもいい基盤を作ります。

人材育成センター

教師研修

この事業はこれまでミャンマ-でなかなかできなかった教師達のレベルアップを目指すために始められました。主に意識改革を目指すもので、現地の優れた講師陣と日本から招聘されたワークショップの手法や教育理論を持った講師陣によりアクティブで質の高い研修が隔月で実施されています。ここで研修を受け、感銘を受けた先生達が地元に帰り、自分が学んだことを多くの先生達に伝えています。
時間
Minutes
Seconds

あなたのご支援が難民を救います!